大相撲満喫ナビ

相撲の持つ不思議な魅力を色々な方角からお伝えするサイトです

未分類

相撲とは?

投稿日:

重量級の格闘家による力くらべ。
シンプルなルールでぶつかり合う迫力、技巧が観衆の心を掻き立てる競技が、相撲(すもう)です。
ひと昔前は時代劇と同じく、相撲という競技は4~50台より上の方に濃厚なファンが多かった印象(祖父母が大ファンという方も多いのでは?)でしたが、若貴ブームから外国人力士が活躍する現在までに至る流れや、ときに独特なパフォーマンスやキャラクターが人気を博し、テレビで活躍されている元力士も多く見かけるようになりました。
若い人たちの間でも次第に相撲へ熱い関心を持つ人が増えてくるようになり、スージョ(相撲女子)なるファンも急増するなど、大きな関心が寄せられています。

相撲に興味があるけど、いろんな事情の絡まった難しそうな印象をお持ちの方もいるかもしれません。
フタを開けてみると、意外にそうでもないものです。

日本の相撲

四股を踏む、手刀を切る動作、『揚げ足をとる』『勇み足』『待ったなし』『揃い踏み』といった相撲由来の慣用句は日常でも馴染み深い言葉ですが、相撲部屋の存在や師弟関係といった伝統、スケジュール、番付といった独特の言い回しや世界観から、サッカーや野球に比べて角界(相撲の世界)の格式が高い=なにやら難しそうなイメージを持つ人も少なくありません。

逆に言えば、そこが相撲の大きな魅力でもあります。
ルールはきわめてシンプルながら、礼儀を重んじ神事も込められた興行、相撲の魅力について掘り進めていきたいと思います。

大相撲とは?

大相撲とは日本相撲協会が開催する相撲の取組(試合)や番付(階級)を競うプロフェッショナルの『本相撲』のほか、地方巡業や親善相撲、奉納相撲といった番付に影響しない相撲興行である『花相撲』を取りまとめたものです。

相撲が好きな人や相撲の世界に詳しい人を好角家(こうかくか)といいます。
風流ながらも他の競技には無い独特な雰囲気や世界観を持つことから、角力(すもう)が好きな好事家、物好きという意味合いもわずかに込められている気がしなくもありませんが、この独特の世界観が江戸時代から続く相撲興行のファンを引き付けてやまないでしょう。

どこで見れるの?

テレビでの本相撲観戦はNHKが中継を行っています。
会場で本相撲を直接観戦される場合は、年に6回の奇数月(1月、3月、5月、7月、9月、11月)に、東京、大阪、名古屋、福岡の4か所で行われますのでチェックしてみてください。
また上記4会場のほか、偶数月の一部(4月の関東、8月の東北、北海道、10月の関西、中部、12月の九州、沖縄)には、全国の各地でファンとの交流をテーマとした地方巡業が開催されますので、そちらもチェックしてみるとお近くの意外なところで開催されているかもしれません。
もし住まいのお近くに巡業中であれば、お相撲さんの稽古を間近に見学できる巡業部屋もありますので、興味があれば問い合わせてみるとよいかもしれません。

相撲のルール

相撲の勝敗ルールは簡単です。
勝負俵(サークル)内で足の裏以外を接地させるか、勝負俵の外でからだを接地したほうが負けとなります。
突き、殴り、蹴り、髪をつかんだり、急所を攻撃するといった禁じ手(反則)も当然ですが存在し、中にはまわしが外れた方が負け(不浄負け)という変わった反則も制定されています。
このほか両耳を同時に張り手したり、相手の胸や腹、のどを掴む行為も反則とされます。

誰でも簡単に楽しめるスポーツであり、子供から大人まで特別な道具も必要とせずにどこでもできる競技ですが、なにぶん力比べの競技ですので怪我の予防の観点から、コンクリートのような硬い地面で取り組んだり、長い爪のまま組み合わないようにしましょう。

日本の国技?

私もどこでそう教えられたのか、一般に相撲は日本の国技と言われてますが、そもそも日本では国技というものが厳密に決められていなかったりします。

しかしながら天覧相撲ともあるように、天皇皇后両陛下がご観戦される歴史と由緒ある競技であり、神事であり、祭りでもあります。
相撲とは多くが認める日本を代表する伝統競技であることに変わりはありません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

相撲の豆知識

古来より伝統と神事にまつわることから、相撲にはさまざまな作法やしきたりであったり、粋な振る舞いや時にはゲンを担ぐ振る舞いであったり、神秘的ながらも庶民的な魅力に包まれています。 そんな覚えておいて損は …

no image

大相撲の番付

大相撲を嗜もうとする中で最初に難しく感じるのが力士の序列、番付の仕組みではないでしょうか。 現在のサッカーやテニスのように単純にアルファベットや番号を振ったものでなく、江戸時代より序列によって伝統的な …

no image

全国の相撲会場

優勝と昇格争いの会場となる本場所は2017年現在、全国に4か所あります。 地方巡業も含めると全国各地で大相撲が興行されている場所は実に年間70~80カ所にもおよび、意外にも触れる機会が多かったことに驚 …

no image

本場所の一日

本場所は奇数月(1,3,5,7,9,11月)の年6回行われる興行で、力士がそれぞれの場所の優勝とその戦績による昇格を狙って勝利を目指すランクマッチです。 これに対し年4回の偶数月(4,8,10,12月 …

no image

稽古の一日

一般的なお相撲さんの稽古の一日をのぞいてみましょう。 一日二食、午前に集中したトレーニング、十分な昼寝時間がお相撲さんの立派な体躯を作る秘訣なのかもしれません。 ※参考サイト 東関部屋公式サイト 相撲 …