大相撲満喫ナビ

相撲の持つ不思議な魅力を色々な方角からお伝えするサイトです

未分類

本場所の一日

投稿日:

本場所は奇数月(1,3,5,7,9,11月)の年6回行われる興行で、力士がそれぞれの場所の優勝とその戦績による昇格を狙って勝利を目指すランクマッチです。
これに対し年4回の偶数月(4,8,10,12月)に興行される番付(階級)に影響しない地方での取組(試合)を、地方巡業と呼びます。

本場所が行われる場所は、東京を挟んで名古屋、大阪、福岡の4都市で交互に(東京→大阪→東京→名古屋→東京→福岡)開催され、それぞれ

一月場所は初場所
三月場所は春場所(大阪場所)
五月場所は夏場所
七月場所は名古屋場所
九月場所は秋場所
十一月場所は九州場所

と呼ばれます。

一場所につき15日、優勝と昇格を狙って力士たちが熱い戦いを繰り広げます。
本場所での一日の取組は、基本的に時間が経過するにつれて幕下→十両→幕内と登場力士の番付が高くなり会場も盛り上がりますが、個人的な推し力士や地元の力士を応援したり、熾烈な幕下十両戦など、特定の番付に熱心な好角家(熱心な相撲ファン)も存在し、自分に合ったこだわりや楽しみを見つけるのも相撲の醍醐味ではないでしょうか。

休日も朝から早いですが、一日を通して相撲を観戦すると好きなシーンや段取り、新たな興味が湧いてくること間違いなしです。

本相撲の一日スケジュール

※時間は目安です

8:00~

寄せ太鼓を若い呼出(土俵の整備や力士の呼び出し、進行を行う人)が威勢よく打ち鳴らし、開場を知らせます。

8:30~

前相撲(3日目から)

本相撲3日目(三月場所のみ2日目)からは幕下以下の取組前に前相撲が行われます。
番付外の力士が取る相撲を前相撲といい、新弟子検査に合格した力士が『序ノ口』番付に入るための最初の試合です(怪我などで休場し番付外に降格した力士も含みます)。
ここでは番付も無く、まだ髪も結っていない力士の卵がぶつかり合います。
全敗しても序ノ口に出世できますが、前相撲での出世順や戦績が出世力士同士の序ノ口番付にそのまま反映される、相撲世界におけるデビュー戦ながらも最初の登竜門です。

序ノ口・序二段・三段目取組

序ノ口から上位に向かって取組が行われます。

新序力士出世披露

中日(入門者の多い三月場所は5日目、中日、12日目)の幕下取組前には、序ノ口に出世した力士の出世披露が行われます。
親方や兄弟子の化粧廻しを借り受けた番付外の力士に対して、幕下格以下の行司が口上を述べたのちに、観客席四方に挨拶を行い、若力士は晴ればれしくもあり厳しい勝負の舞台でもある番付デビューを飾ることになります。

幕下取組

十両は天国、幕下は地獄と言われるように、中でも幕下階級は、一人前といわれる十両へのリーチや、逆に十両から降格してきた力士が入り乱れる地獄の激戦区となっており、その熾烈な取組を好む好角家もいるそうです。

14:20~

十両土俵入り

幕下の取組をすべて終える前、上位5番の取組前に十両の土俵入りが行われます。
幕下の取組を終えるまで待たない理由は、土俵入りといういわば儀式で使用する『化粧廻し』から取組用(試合)の取り廻しに締めなおす時間を節約するためであり、70年代のオイルショックによる光熱費削減の意味合いから、幕下→十両取組間の休憩時間が省かれたことがきっかけでした。

幕下上位5番取組

十両土俵入り後に幕下上位5番の取組が行われます。
幕下上位5番は十両下位と取組を行うこともあることから、作法として十両と同様、髪を大銀杏に結う必要があったりする一方で、土俵下控えに十両力士と同じ座布団が用意されるなど、準十両のような扱いになっています。

十両取組

別名関取とも呼ばれ一人前とされる十両力士の取組です。
筆頭の力士は1場所の半分近くの取組で幕内力士と対戦しなければならず、給料や待遇は十両であることから『貧乏神』や『瀬切り』とも呼ばれたりします。

15:40~

幕内土俵入り

夕方へ差し掛かる頃になると、いよいよ幕内力士の土俵入りが始まります。

15:55~

横綱土俵入り

横綱の土俵入りは幕内力士の土俵入り後に別で行われます。
横綱土俵入りの後は10分ほどの小休憩が入り、その間に立行司が翌日の取組の発表を行います。

16:10~

幕内取組

幕内力士の取組を一般的に『中入り後』と呼ばれ、前半に前頭格が対戦、後半には審判も交代して大関や横綱が登場し、場内が過熱していきます。

17:00~

三役揃い踏み

千秋楽(最終日)では、結びの三番を残した東西6名の力士『これより三役』による三役揃い踏みの四股が踏まれます。


h4>弓取式

結びの一番(最後の試合)の勝者に代わり、弓取力士が華麗に弓を振ります。
弓で土俵を掃き清め、四股を踏む神秘的な儀式ですね。

弓取力士は原則横綱のいる部屋の幕下力士から選出され、特別に大銀杏を結い、協会の化粧廻しを締めて臨みます。
もし弓を落としてしまっても、手で拾い上げることは縁起が悪いのでNGとされています。
足ですくい上げるか、土俵外にはじき出して呼び出しに取ってもらうのが作法とされています。

表彰式

千秋楽では幕内優勝力士に天皇賜盃と優勝旗、関脇以下に三勝(敢闘賞、殊勲賞、技能賞)が授与されます。

18:00

はね太鼓

呼出によって打ち出しの太鼓が鳴らされ、一日の興行の終了が告げられます。
また来てくださいね、という意味も込められた心地よいリズムとともに、その日に観戦、参加した相撲の余韻に浸りながら帰路につきます。

18時終了というのは現代のサラリーマンのタイムテーブルにはちょっと難しいですが、機会があれば是非とも生の相撲を観戦、体感してみてください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

相撲の豆知識

古来より伝統と神事にまつわることから、相撲にはさまざまな作法やしきたりであったり、粋な振る舞いや時にはゲンを担ぐ振る舞いであったり、神秘的ながらも庶民的な魅力に包まれています。 そんな覚えておいて損は …

no image

相撲とは?

重量級の格闘家による力くらべ。 シンプルなルールでぶつかり合う迫力、技巧が観衆の心を掻き立てる競技が、相撲(すもう)です。 ひと昔前は時代劇と同じく、相撲という競技は4~50台より上の方に濃厚なファン …

no image

稽古の一日

一般的なお相撲さんの稽古の一日をのぞいてみましょう。 一日二食、午前に集中したトレーニング、十分な昼寝時間がお相撲さんの立派な体躯を作る秘訣なのかもしれません。 ※参考サイト 東関部屋公式サイト 相撲 …

no image

大相撲の番付

大相撲を嗜もうとする中で最初に難しく感じるのが力士の序列、番付の仕組みではないでしょうか。 現在のサッカーやテニスのように単純にアルファベットや番号を振ったものでなく、江戸時代より序列によって伝統的な …

no image

全国の相撲会場

優勝と昇格争いの会場となる本場所は2017年現在、全国に4か所あります。 地方巡業も含めると全国各地で大相撲が興行されている場所は実に年間70~80カ所にもおよび、意外にも触れる機会が多かったことに驚 …