大相撲満喫ナビ

相撲の持つ不思議な魅力を色々な方角からお伝えするサイトです

未分類

大相撲の番付

投稿日:

大相撲を嗜もうとする中で最初に難しく感じるのが力士の序列、番付の仕組みではないでしょうか。
現在のサッカーやテニスのように単純にアルファベットや番号を振ったものでなく、江戸時代より序列によって伝統的な呼び名が継承されています。

相撲世界の序列=番付

幕内

大相撲放送でテレビに映る力士の大半はこの幕内力士です。

横綱

ご存じ大相撲力士における序列最高位が横綱です。
その名は10kg近くにおよぶ白い横綱を締めることを許された大関が由来とされています。
横綱は必ず存在しなければならない番付ではなく、あくまで特別な存在として扱われ、横綱の土俵入りなどは格別神秘的なものとして取り扱われます。
その特別な立場上、横綱からの降格は制度に無いため、取組における実力が伴わなくなればその横綱力士は引退するしかありません。

大関

幕内三役の最高位が大関です。
関取の上を行く大関取が由来とも言われており、大相撲の最高格として扱われます(横綱は大関の特別役であるという考え方もあるそうです)。
大相撲協会の番付においては必ず東西合わせた2名以上が存在していなければならないため、大関格の力士が不在の場合には横綱が『横綱大関』として大関の番付を兼ねます。

関脇

『大関取の脇』を務めていたことが由来とされた番付が関脇です。
大相撲協会の番付においては、必ず東西合わせた2名以上が在籍することになっております。
大関に次ぐ番付で、条件にもよりますが、場所で負け越してしまえば小結に即降格します。

小結

三役の最下位にあたる番付が小結です。
由来は諸説あるそうですが、結びの三番(終局3戦)の小口(初戦)すなわち『小口を結んだ』ことがひとつ取り上げられています。
関脇と同様に、小結も大相撲協会の番付においては、必ず東西合わせた2名以上が在籍することになっており、勝ち越すことができれば関脇や、成績によっては大関昇格も可能なポジションです。

前頭

俗にいう三役(大関、関脇、小結)でないため、平幕とも呼ばれることもありますが、立派な幕内格の力士です。
定員は東西合わせた36人以下で、三役の人数によってその数が減ります。

十両(十枚目)

東西14名の計28名が十両のポストです。
明治から設けられた番付であり、十両はもともと十枚目と呼ばれ、年俸が貰える上位十枚目以内の幕下力士に対する呼び名でした。
十両という呼び名は当時の年俸によるもので、現在でも表彰式などでは正式名称の『十枚目』が用いられます。
俗に『十両と幕下は天国と地獄』と言われるように、両間での待遇に大きな差が設けられ、十両の番付を得てようやく一人前である『関取』を名乗ることが許されます。
給与や待遇も別格であり、

・場所手当と別に、協会から毎月給料が支給される(10両=100万円ほど)
・会場への移動にタクシーが使える
・本場所控えで共有座布団が使える
・大銀杏を結える
・飛行機でビジネスクラスを利用できる
・付け人が付く

など、その他にも大きな格差が設けられております。
まさに天国と地獄であり、そんな事情からか、幕下に落ちるくらいならお金を渡す、一時期話題になった星売り(八百長)に関与した力士の大半が十両力士であったそうです。
一方で、健全なところでは熾烈なバトルを楽しませてくれることから、好角家の中には十両下位と幕下上位の取組を好む人も多いそうです。
元横綱・貴乃花が引退の際に語った、力士としてもっとも印象深い出来事のひとつが十両昇進であったそうです(もうひとつは横綱昇進)。

幕下以下

力士養成員とも呼ばれ、中でも幕下二段目は十両を目指して熾烈な取組が行われる序列です。
協会から毎月100万円(つまり十両)以上給与が支給される十両力士に比べ、幕下力士はまさかの0円であり、本場所ごと、つまり2ヶ月に一度の本場所手当(幕下二段目で約15万円)が支給されるのみ(奨励金や加算金などもありますが)で、その格差は雲泥の差です。
部屋で食事が出たり先輩力士からお小遣いがもらえたりするので貧窮することは無いそうですが、ここに昔から伝わる角界の厳しさがうかがえます。

幕下二段目

東西合わせて120名が定員の番付です。
十五枚目以内の幕下力士は成績しだいで関取(十両)昇進の可能性があることから、俗に幕下上位と呼ばれることもあります。

三段目

東西合わせて定員200名の階級です。
呼びの由来は、番付表の三段目あたりに名前が記載される階級であることから。
体格や技量も身に付きはじめ、十両昇格に向けての素質が見られる階級とも言われております。
本場所手当は約10万円。

序二段

序二段は番付表の下から二段目に表記されたことに由来する階級です。
かつては番付表の記載順から四段目とも呼ばれていたこともあります。
定員は規定されておりませんが、おおよそ200~300名程度に落ち着いているようです。
本場所手当は約8万円。

序ノ口

物事の取り掛かりを意味する『序の口』の語源にもなった最初の番付です。
番付の表記順から『五段目』と呼ばれたり、その文字の大きさから『虫眼鏡』と呼ばれることも。
本場所にて1試合でも出場すれば序ノ口に留め置かれますが、全休してしまうと番付外に降格し、前相撲を取る必要が出てきます。
本場所手当は約7万円。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

稽古の一日

一般的なお相撲さんの稽古の一日をのぞいてみましょう。 一日二食、午前に集中したトレーニング、十分な昼寝時間がお相撲さんの立派な体躯を作る秘訣なのかもしれません。 ※参考サイト 東関部屋公式サイト 相撲 …

no image

相撲の歴史

いわゆる興行としての『大相撲』が制定されるのは江戸時代からですが、祭り(神事)やスポーツとしての『相撲』の歴史はそれよりもずっと前から存在しており、戦国時代をさかのぼって、鎌倉時代、平安時代、一部の地 …

no image

相撲の豆知識

古来より伝統と神事にまつわることから、相撲にはさまざまな作法やしきたりであったり、粋な振る舞いや時にはゲンを担ぐ振る舞いであったり、神秘的ながらも庶民的な魅力に包まれています。 そんな覚えておいて損は …

no image

相撲部屋一覧

力士の所属チームともいえる相撲部屋。 若い衆はもちろん、親方や未婚の関取も同じ屋根の下で稽古や日常生活を送るのが基本ルールです。 関取には個室が与えられますが、若い衆は大部屋で共に寝食を送ります(関取 …

no image

全国の相撲会場

優勝と昇格争いの会場となる本場所は2017年現在、全国に4か所あります。 地方巡業も含めると全国各地で大相撲が興行されている場所は実に年間70~80カ所にもおよび、意外にも触れる機会が多かったことに驚 …